入れ歯

こんなお悩みありませんか?

このようなお悩みを当医院のノンクラスプデンチャーが解決します。


「見た目が気になる」「痛いのが我慢できない」「はずれてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、当医院では入れ歯に対して特別な想いをもっております。それは、保険の入れ歯で対応するという事です。

入れ歯には、保険適用の保険入れ歯と、保険適用外の自費入れ歯があります。めぐみ歯科では、 日常生活を送る上では保険入れ歯で十分であると考えています。多くの歯科医は、「保険入れ歯よりも自費入れ歯の方が良い」と言います。歯科医がそう言うのには、保険制度による制約に理由があります。保険入れ歯は制度上、使える材質など様々な制約を受けますが、実際の入れ歯作りにおいては、その制約が枷になることが多いのです。

そこで多くの歯科医は、患者さんの要望に応えるためには、制度に縛られる保険より、制度に縛られない自費のほうが良いと考え、自費を好む傾向があるのです。確かにその考え方にも一理あるのですが、めぐみ歯科は、 「患者様の為に、制約がある中で同提案できるか」と考えています。

部分入れ歯比較表


部分入れ歯 保険 ミラクルデンチャー
審美性
フィット感
耐久性
修正・メンテナンス
壊れた場合でも修理が容易


ノンクラスプデンチャーは、入れ歯を安定させるための金属バネ(クラスプ)がなく、義歯床の範囲を広げて歯茎を覆うことで固定させますので、入れ歯を付けていることが気づかれにくくなります。この入れ歯は、保険の部分入れ歯と比較して薄く、軽く、弾力があるのが特徴です。非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分かりません。

その為、「今まで、歯を見せると入れ歯が入ってるのが分かるから怖くて笑えなかった」「食事をとっても部分入歯が痛くて美味しくなかった」「部分入れ歯で健康な隣の歯がダメになってしまうのが怖かった」このようなお悩みをお抱えの患者様は ノンクラスプデンチャーに変えることをお勧めします。

※ただし見た目、装着感という点では非常に優れていますが残っている歯の状態によっては使用できないことがあります。

ノンクラスプデンチャーの特徴

金属バネが見えづらく、審美性が高い

保険の部分入れ歯と比較して、歯茎本来の色合いに近く作られているため審美性が高く、入れ歯を付けていることが他の人に気づかれません。



軽くて快適なつけ心地が実現

金属を使用していないので薄めに作ることができ、従来の入れ歯よりも軽くて快適なつけ心地を得られます。そのため違和感も軽減され、食事や会話もストレスなく楽しめます。



残っている歯に負担をかけない

残っている歯に金属のバネを固定させて回復させる従来の治療と違い、ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使用せずに入れ歯を固定します。しっかり固定されるので自分の歯のように物を噛めるのはもちろん、残っている歯に負担をかけずに済み、健康も維持できるのです。

ご応募・医院見学会はこちら

Contact

お電話でのお問い合わせは TEL052-304-1199

お問い合わせ

スタッフ一同お待ちしております。

PAGE TOP